麦こがしってなあに? | 草繕堂souzendou

2020/06/11 13:12

麦こがし、、、

聞きなれない方もおられるかもしれませんが、

伝統的な「粉もの」です。




原料は大麦で、

通常、裸麦を香ばしく煎ってから粉にします。

各地方で、呼び方が違い、

「麦こがし」「はったい粉」「おちらし粉」「香仙」など、いろいろあります!

火が通っているで、そのままでも食べられ、

昔は山仕事の合い間にいただいたそうです。

また 砂糖、お湯で練って、おやつとしていました。

遠くチベットでは今でも主食として食べられています。

昨今、

の栄養価の高さや、自然な甘さから、

麦こがしが脚光を浴びています✨

 

草繕堂の麦こがしは

さらにランクアップ!

潮麦こがし」。

 

原材料の大麦は、スコットランドのキンタイヤ半島で、農薬を使わず、化学肥料も使わず育てました。

そして、潮風をたっぷり浴びて育っています。




いのちの源である海の風を受けた大麦は、

生命力が強く、冷えからからだを守ります。

 

そして、収穫後 北海道にて、

もみ殻ごとじっくり焙煎し、粉砕しました。

つまり、もみ殻の食物繊維もいただけるのです!!




 

「麦粉がし」は100gあたり15.5gの食物繊維を含み、

玄米の5倍以上であるうえ、

潮麦こがしは、もみ殻ごと、なので、

玄麦どころか、まるごとそのまんま大麦!!

ダイエットに!

栄養補給に!

お腹のお掃除に!

冷え対策に